「葬儀」とは、狭義では「葬儀式」(葬式)のことを指しますが、広義には「葬送儀礼」の略であり、臨終から死後の喪に至るまでの死別に出会った人が営む悲しみ、葬り、そして悼む一連の儀礼を指します。

では、葬儀の果たす役割には一体どのようなものがあるのでしょうか。葬儀には大きく分けて以下の6つの役割があります。

社会的な処理(社会的役割)

人は社会に生きている存在ですから、社会がその死を処理する必要があります。社会にその人の死を通知したり、社会の人々が集まってその死を確認することです。 又、家の後継者の発表の場であり、会社においては社葬にて新社長の発表の意味があります。

遺体の処理(物理的役割)

物理的な処理ですが、目に見える形では最後のお別れとなりますので、単なる物理的な処理以上のものがあります。

霊の処理(文化的宗教的役割)

亡くなった人の霊を、この世からあの世に送り出すことです。これは、この世の営みを越えるものであるため、しばしば宗教的な儀礼によって行われます。これが葬儀式の中心をなすものであります。

悲嘆の処理(心理的役割)

人の死は、周囲の人々に衝撃を与え、悲しみ・心の痛みをもたらします。従って周囲の人がその死を受け入れるには、しばしば長い時間を要し、葛藤を伴う場合も多く見られます。
長い時間をかけて行われる葬儀の様々なステージは、この心のプロセスに沿うものであるのです。

特に故人と精神的な関係が密であった配偶者・家族には、身を切り裂くような深刻な痛みを生じさせます。この痛みを上手く表に出せないと体調を崩したり、精神的な疾患を引き起こすこともありますので、この悲しみにある人々に寄り添い慰める必要があります。

様々な感情の処理(社会的心理的役割)

人が死ぬと様々な感情にとらわれます。歴史的に言えば人の死が新たな死を「たたり」のように引き起こすのではないかと恐れられたりもしました。こうした恐怖感を和らげるために、死者の霊を鎮魂する儀礼が要求されました。

又、死者をいとおしみ愛情の念を抱くと同時に、遺体が腐敗することへの恐怖感を抱いたりします。こうした感情を緩和するためにも弔いの儀礼が必要とされました。

その他(教育的役割)

人の死はそこに関わる人々に、自分たちもいつか死するべき者である事を教えてくれます。故に死の事実から生の大切さを再確認させられます。

又、葬儀は命の重さ・大切さを改めて知る場でもあり、例え小さな子供でも、その独特の雰囲気を感じ取ることでしょう。もし子供の頃に、葬儀の場において、その命の尊さを学べたならば、昨今の簡単に人の命を奪うような青少年犯罪を未然に防ぐことが出来るのではないでしょうか。

最近の葬儀事情としては、個人葬において昔と今の家族構成の違いからか、葬儀の社会的役割の中で本来の喪主の意味が薄れ、喪主が長男ではなく故人の配偶者であることが多くなってきています。

又、高齢化社会で故人もご高齢、喪主もご高齢という場合、社会的つながりが薄くなり「それならば身内やごく親しい方々でお葬儀を……」とお考えの方が増え、一時的に「家族葬」がブームになりましたが、お声を掛けなかった事で葬儀後お付き合いのある方との関係がぎくしゃくしたり、お参りにいらっしゃる方の対応で長期に渡り家を空けられなくなってしまったという不具合が生じ、「おもてなし」に代表される日本人の気配りや礼儀正しい文化の中においては、やはり生前お付き合いのあった方々に御挨拶をと考えられ、多くの方が一般的なお葬儀をご希望されるようになって参りました。

物理的に豊かな時代、本当の心の豊かさを求める時代に、葬儀を単なる儀式ではなく人生の締めくくりを、とお考えになる方が確実に増えてきています。

以上 人生の幕を閉じるには、生まれ育ち歩んできた中にとても強く深い周りの人々との絆があることを感じます。