おもてなし規格認証制度とは

「おもてなし規格認証」は経済産業省が作成した仕組みです。日本のGDPの約75%を占めるサービス産業の活性化を目的として、サービス品質を見える化することによりサービス事業者の活性化を促進するために作られました。

サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。

そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。これまでの日本政府の検討をふまえ、民間規格としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域経済の活性化を推進していきます。(おもてなし規格認証https://www.service-design.jp/about/より引用)