仏壇は信仰の中心の仏様を祀る場所です。又、その家のご先祖を祀る場所でもあります。その形は寺院で本尊を祀る須弥壇を小型化したもので、言ってみれば、家の中に作ったお寺の本堂です。

仏壇が広く一般に普及しだしたのは、江戸時代と言われております。幕府の定めた寺請制度により、人々は何れかの寺を菩提寺として檀家になることが義務付けられました。檀家になった証しとして家ごとに仏壇を設け、故人の命日には僧侶を呼んで供養するという慣習がこの頃に浸透しました。

そうしんには、昔ながらの趣のある仏壇はもちろん、生活スタイルに合わせたコンパクトな物、洋風なお部屋に合う物等、様々な仏壇を多数取り扱っております。お気軽にご相談下さい。

そうしんホールフリーダイヤル0120-0-45464